50歳から女性起業家、経営者のためのトータルイメージプログラム

BLOG

 

BLOGブログ

似合う服が見つからない3つの理由


似合う服を探し求めて
お店を転々とするも
見つからず疲れて
何も買わずに帰ってしまった。。

という方は多いのではないでしょうか?


似合う服って、どこかに
きっとあるハズ!

と思って探しても
お店に並んでいるワケではなく

似合う服が見つからない理由は
実は、あなたの心の中にあるのです。



その理由は3つ。

①理想のイメージを描いていない
②コンプレックスが先走る無難な服選び
③おしゃれの常識が更新されていない


まず、この3つを克服しなければ

永遠に似合う服には出会えません!


その理由と解決策を説明していきますね。

 

 1.“ 理想のイメージ ” を描いていない



似合う服が見つからない
一番大きな原因。

それは 。。
「自分には似合わない!」
という思い込みで

"理想のイメージ"

を、想い描いていないから。



あなたの探している

「似合う服」

とは、


本当はなりたい

"理想のイメージ"

と一致する服。



でも、そのイメージを
自分と一致させる前に
あなた自身が、自分に

「コレは太って見えるから、似合わない!」

と、打ち消していませんか?


女優さんが役づくりで
全く違う人になれるように

あなた自身を活かしながら
ヘア&メイクから
服選び&着こなしのコツで
バランスを整えれば、誰でも

"理想のイメージ"

を、創りあげることができるのです!




だから、まず

「 自分がパーフェクトな
  美貌とスタイルの持ち主 」

だったら、どんな人になりたいか?



自分が着ると似合わない!

ではなく、
素直に

素敵♡

と感じた、
雑誌を写メったり
サイトのスクリーンショットを撮って
携帯の写真アルバムに
保存していきましょう。 

自分と重ねて気後れしちゃう人は
モデルさんの顔を隠して
自分と重ねるとイメージしやすいですよ!


10枚くらいになったら
カテゴリー別に分けてみると
自分が求めている世界観が
見えてくるハズです♡


例えば、


◆シチュエーション別
(仕事、旅行、女子会ランチ、デートなど)

◆アイテム別
(スカート、パンツ、ニット、ブーツなど)

◆イメージ別
(かわいい、キチンと、清楚、カジュアルなど)
 


まずは「自分には似合わない!」
という思い込みを解除して

"理想のイメージ"

を想い描くことから
はじめてみて下さいね♡ 



 2.コンプレックスが先走る無難な服選び

 


「お腹周りを隠さなきゃ。。」
「スカートは太って見える。。」

など、”似合う服”を探し求めながらも
まず、最初に頭をよぎるのは

自分のコンプレックスを優先

した、服選びになっていませんか? 


”似合う服”を探しているのに


「お腹周りが隠れる長めのトップス」

「足が太いからワイドパンツしか履かない」

「太って見えるから白は着ない」


と、自分には

「似合わない!」

思い込んで、似合わない選択肢を
排除していくと。。


結局、いつも選んでいる
モノしか残らず

「似合う服がないw 」

という結果に陥り

コンプレックスが先走る無難な服選び

となっています。



この「似合わない!」条件を
全て排除しなければ

"理想のイメージ"

も思い描けず
“似合う服”にも出会えません。



そこで、あなたがいつもショップで
何を考えて服を選んでいるか
認識するために

「似合わない条件リスト」

を、書き出してみましょう!



『〇〇だから似合わない
 だから、□□を選んでいる』

と、いうふうに
「似合わない」と思っている条件を1行目
ついつい選んでしまっているモノを2行目

に、思いついた順に書き出し
その理由を、それぞれ綴ってみてください。 



例えば、

・スカートはお腹周りが広がるから似合わない
だから?▶︎ ゆるっとした楽なワンピースを選ぶ

・みるみる体重が増えて、今まで着ていた服が似合わない
だから?▶︎ 着痩せする、無難な黒を選ぶ 

・もう年だから、カワイイのは似合わない
だから?▶︎ フリルやレースはきらい 



似合う服が見つからない
あなたのワードローブの中は
きっと、書き出した無難な服ばかりが
揃っているハズです(笑!



似合う服が見つからないのは
あなたの心の中にある

「似合わない」

という思い込みが原因となっいます。 



コンプレックスを優先するのではなく

"理想のイメージ"

に近づくための服選びをしてみてくださいね♡



 

 3.おしゃれの常識を更新していない



薫:KaoRiが40代半ばから
おしゃれ迷子に陥ったのは
もちろん加齢によるお肌や体型の
変化が大きいのですが


それとは別に、試行錯誤して悩んだのが

「おしゃれの常識の変化」



若かりし頃のおしゃれの常識を
更新していなければ
どんなに高級で素晴らしい服を着ても

「似合わない!」

という、オソロしい現実に
ブツかってしまいます。 



中でも、一番大きな原因になっているのは

「同じテイストで全身揃える」

のが、おしゃれ☆だと
無意識にしていませんか?




*エレガントなフリルのついた
 ブラウスを着たら。。

⇨ エレガントな
  タイトスカート合わせる



*カジュアルなTシャツを着たら。。

⇨ カジュアルなデニムと合わせる!


などテイストを揃えるのが
お洒落とされてきましたが



昨今では、揃えないで

「ハズす」

ことで、頑張りすぎない

"こなれ感"

を出すおしゃれが
垢抜けポイントとなって
きているのです。




仕事をする上で、今日はキメたい!
という日は、スーツでもいいと思いますが
昨今では、そのスーツも
頑張りすぎて見えてしまうことも。。


そんな、キチンと魅せたいけど
頑張りすぎず、自分の

”個性と価値観”

を伝えたい時には、チョッと

"意外性"

を取り入れてみる♡




例えば、ジャケットコーデで言えば




①色で"意外性"

出典:zozo




②太すぎるワイドパンツで"意外性"

出典:zozo



③異素材レザースカートで"意外性"

出典:zozo



④ピンクの甘さの中に辛口パンツな"意外性"

出典:zozo



まずは、揃えないで"意外性"を意識しながら
服選びをしてみてくださいね♡


 

 まとめ


似合う服が見つからない3つの原因

①"理想のイメージ"を描いていない

②コンプレックスが先走る無難な服選び

③おしゃれの常識を更新していない


似合う服が見つからないのは
似合わないという思い込みと
無意識に身についている習慣が
あなたの可能性を妨げています。


「何を着るか」より

「どう着るか!」


是非"理想のイメージ"を想い描いて
あなたの”個性と価値観”を活かして
自分らしく輝やいてくださいね✨