BLOG

 

BLOGブログ

大人は夏にカーキをプラスするだけでシックに仕上がる


「 どうして大人は夏に”カーキ”が限定なの?」


って、思われるかもしれませんが
若かりし頃普通に着ていた色が
急に似合わなくなってきた。。って経験ありませんか?

 


このTシャツ、写真よりもう少し緑っぽいんですけどねw

 


私が30代後半、コレに悩まされて
年齢によるお肌のくすみが原因ってことに
気がついたのが40過ぎてからw(笑!

この頃から、大好きなカーキと共に
黒とエンジは封印してました。

 

お肌をくすませる”カーキ”は
大人にとって、難題カーラーw

けれど、この一色を”挿す”だけで
平凡から絶妙なニュアンスを醸し出してくれ
定番コーデの鮮度を上げシックに仕上げてくれるんです!


だから改めて

「大人に”カーキ”をオススメしたい!」


チャレンジするなら
肌露出の少ない冬より、露出の多い”夏”!

素肌を魅せることで”抜け感”が出て
大人の色気をシックに演出してくれます♡

 

“カーキ” を知る
 
 カーキと言うと一般的に
こんな色を思い浮かべませんか?


JIS慣用色名

 

でも実はカーキって、こんなアースカラー全般を指す
色幅の広いカラーなんです。


JIS慣用色名

色名で言うカーキって、ベージュ系に見えちゃいますw


ここでいう大人が悩まされるカーキは
特にくすんでいたり、暗い、
そして黄みの強いグリーン系のカーキ。

 

カーキって大人のくすんだ大人の肌には
強敵なのですが、色同士では馴染みやすく
定番コーデの鮮度を上げてくれる色なんです!




JIS慣用色名


上下の色でコーディネートしたイメージで
見て頂きたいのですが、
難しそうなカラーを使っても違和感がないですよね?

 

こんな柄スカートだって馴染んじゃうw

 

「この色ににカーキ?」
って一瞬思いがちなカラー・コーデでも
なんだか馴染んでる♡ 
ってことになり、逆にセンスよく見えちゃうw



まずは、緑に近い”カーキ”か
黄緑に近い”カーキ”
を試してみたり、

* ベージュに近い”カーキ”
* くすみのない濃い”カーキ”
* 明るい”カーキ” 等

自分が似合う”カーキ”を見つけましょう。

「カーキの色幅が広い」というコトは
自分に似合う”カーキ”を選びやすい
というコトでもありますね。


素材に光沢を感じたり
ハリ感のあるものを選ぶと
くすみがちなお肌を明るく魅せてくれます。


なんでも試着は必須!
おしゃれな人は、ココは手を抜きませんw

似合う「自分スタイル」を
諦めず求め続けて下さいね♡

 

くすみがちなカーキで鮮度を上げる3つのポイント!
 
そこで、大人が着るとくすみがちなカーキを
シックに鮮度を上げる3つのコーディネート・ポイント!
 
・ポイント1:どこかに白を入れて”抜け感”を!
・ポイント2:パールやメタリックアクセサリーをつける
・ポイント3:素肌の露出を意識する
 
 
・ポイント1:どこかに白を入れて”抜け感”を!

 

 

モデルの体型に年を感じますが
配色の参考にw(笑!


白を”挿す”と”抜け感”がでてると思います。。


今回体張って投稿しましたが
しかし、自撮りはこういう時の反省材料になる!
もう、このコーデはしないコトとしようw(汗

 

勿論下の写真のように、
白アイテムや白地に柄などのアイテムとの
コーデも鮮度をあげてくれますよ♡

 
 

 

・ポイント2:パールやメタリックアクセサリーをつける

”カーキ”を着ただけでは、ちょっとくすんで
キマらない。。コトは覚悟の上!

しかし、ネックレスやイヤリング等
パールやメタリックのアクセサリーを
つけて見てください!

夏ならトルコブルーもいいかも♡

 
・ポイント3:素肌の露出を意識する

露出すると言っても、ミニスカやショートパンツ
肩をはだけたり、おへそを出すと言ったコトではありませんw(笑!

*ロールアップをしてみる
*Vネックを選ぶ
*サンダル等、足元にも素肌感を出し
 ペディキュア配色も楽しみましょう!

 

何色とも馴染むカーキをプラスするだけで鮮度が上がる
 
”カーキ”が似合わないと
諦めている大人の方が多いと思いますが
この一色を挿すだけで平凡から
絶妙なニュアンスを醸し出してくれる
 
「 大人カーキ ♡」
 


色幅もあり、馴染みやすい”カーキ”を味方に
いつもの定番コーデの鮮度を上げ

シック×カジュアル

な、大人配色を是非楽しんでみて下さいね♡