BLOG

 

BLOGブログ

似合う服は、ただ着るのではなく着こなす!



「 似合う服を選んで欲しい。。 」

そんな期待に胸を膨らませて
起こし頂くことが多いのですが

ただ”似合う服”なら
スタイリストさんが

ドラマに出演される俳優さんに
その役のイメージに合わせて創り込んだり
雑誌の撮影で、モデルさんに
その時のテーマに合わせて
イメージを創り上げる様に


” 似合わせる “

ことができるんです。


しかし、スタイリストが
着せ替え人形のように
ただ似合わせるだけでは
ライフスタイルにあった
着回しもできず
また、タンスの肥やしが
増えるだけになってしまいます。



「 似合う服は、
 ただ着るのではなく着こなす  」


このことを、お伝えしたいのは
ご自身で選んで装う楽しみを
体感頂きたいから♡

似合わないという
思い込みから解放され

「もっと自由にお洒落って
  楽しんでもいいんだ!」

ということを、ご自身で感じ
お気に入りでいっぱいの
ワードローブ作りをお手伝いしたい。

” なりたい自分 ” は
着こなし方ひとつで変えられます。



 ” 似合う服 ” を知るためには


そもそも”似合う”って
自分で決められるモノでしょうか?

「素敵!それ、似合ってるね♡」

って、思わず客観的に見た人が
全体の雰囲気(内面と外面)が調和して
その人が魅力的に輝いているから
思わず言葉にしてしまうモノ。
(すでに自分スタイルを持っている人は別ですけど。。)


だからショップで ” 似合う服 ” を
闇雲に探しに行っても
 自分の最終的なイメージがなければ
見つからないのも当然。

ましてや、
” 似合う服 ” と言うより、無意識に
着痩せする服、老けて見えない服を
探してしまうことが習慣になってる
自分がいたりして。。



最近は、パーソナルカラー診断や
骨格診断、今では顔タイプ診断
なんていうのも出てきて
流行ったりしていますが

診断結果だけに執着しすぎて
逆に混乱してしまっている
診断難民の方も多くいらっしゃいます。

中には納得いくまで3〜4箇所巡ってる方も!


自分に似合うモノを特定されると
安心感はあるかもしれないけれど
マンネリ化してしまい
元の木阿弥に陥ってしまう。。


これって、

” 自分がどうなりたいか “

最終的なイメージが
出来上がっていないから
堂々巡りになってしまっているのです。

 

あなたの

*好きな服は?
*これからのライフスタイルは?
*どんな年を重ねて素敵な大人になりたい?


自分らしく似合う服を
着こなすためには、まず

「 自分が何が好きで
   どうなりたいか 」


自分と向き合い
”なりたい自分”
を描いてみましょう!



 似合わない原因


似合わない原因。。 それは、
年齢による体型やお肌の変化で
今まで着ていた服が突如として
似合わなくなってきた。。
ということも否めませんが

それとは別に
似合わない2つの大きな原因があります。

1. 思い込みでマンネリ化
2. お洒落の更新ができていない


が、積み重ねた経験と共に
無意識のうちに習慣化され

着たい服ではなく
無難な選択を
していませんか?


 1. 思い込みでマンネリ化

 

 * コンプレックスが先立って、隠すことが前提の服選び
 * 過去に一度着て似合わなかった
 * 昔、似合わないと言われた
 * 年相応が気になる

 * カワイイは諦めなければいけない
 * 昔からサイズが変わらない


服選びの時、無意識にでも
こんな想いが潜んでいると


「 似合わない!」

と、潜在意識が働いて
本当は着てみたい服があっても
避けてしまい、目も向けない。。

結局いつもと同じものを選んでしまい

マンネリ化!


隠すことが前提で選んだ服は、逆に
太って見えたり、野暮ったくなり
ますます似合わなくなっています。



まず、思い込みをリセットして
純粋に好きな服を
どうやって着こなすか
”なりたいイメージ”を諦めない
服選びを心がけましょう。

同じ様に見えるデザインや色も
実は微妙にシルエットが違ったり
色めが変わるだけで似合ったり
着こなし方次第で必ず!
自分らしく似合う服になります。



 2. お洒落の更新ができていない


トレンドを取り入れてみても
なんだか野暮ったい。

素敵なコーデをマネしてみても
なんだかキマらない。。

そんな素敵なハズの服が
自分が着てみると似合わない。。
というお悩みは
昔から変わらない
お洒落の習慣が原因かも!


 *全身同じテイストで揃えて仕上げる

 *キチンとはジャケットを着る
 *スカートは膝前後丈
 *スカートはお出かけ着
 *デニムにはスニーカー
 *小物の色は揃えるのがお洒落
 *四季に合わせて素材を分ける


若かりし頃、お洒落とされてきたことが
今では流行が変わったというよりも
お洒落の価値観が根本的に変わっています。

このままではイケない気がする。。
でも、どうすればいいのかわからない。

そんな方が殆どだとは思うのですが
お洒落の更新ができていないと

 * 若作りしすぎ(イタい)
 * 頑張りすぎ
 * 地味になりすぎ

と、自分だけが気づかない
負のスパイラルw



野暮ったいのは、
ついつい昔のお洒落の習慣が
残っているから。



これに加えて影響力が大きいのは
昔から変わらないヘア&メイク!

雑誌のマネをして
トレンドを着みても

「 なんだか似合わない。。」

となってしまうのは
ヘア&メイクが原因
と言っても過言ではありません。

 

 自分らしく”似合う”が叶う着こなしとは


先にあげた、似合わない原因の中で
心当たりのある方は、まず
お洒落の習慣を見直していきましょう!

お洒落の習慣の中でも
一番影響力の大きいのが

”揃える”お洒落!


10ヶ月で200名のスタイリングをさせて頂いて
様々なお悩みがある中でも

似合わない原因

1. 思い込みでマンネリ化

2. お洒落の更新ができていない

のいずれかも共通しており
ほとんどのお悩みが
若かりし頃のこの習慣

”揃える”お洒落!

が邪魔をしているw


揃えることがお洒落だった
コンサバ(保守的)世代は
着くずす=カジュアルが苦手。  

時代と共に変わりゆく着こなしは
”揃える” ⇨から⇨ ”ミックス” へ!


* デニム(カジュアル)には
  スニーカー(カジュアル) 。。から
=カジュアルには、カジュアルのトータル・コーデ
     ⇩⇩⇩
* デニム(カジュアル)には、パンプス(キレイめ)
* スニーカー(カジュアル)には、スカート(キレイめ)

と、いった感じで
イメージをミックスする。。

*頑張り過ぎ
*若過ぎ(若作り=イタい)
*地味になり過ぎ

などの違和感を無くすために
イメージやテイスト、色や素材を
ミックスすることで調和させ
myバランスで整えれば

” ◯◯過ぎ “も回避でき

自分らしく着こなすことが叶います!


「やってみるけど似合わないのよw」
という声も聞こえてきそうですが

チョッとした
ひと手間だけで大違い!な

基本の着こなしテクニック

を今後、お伝えしていきますね!

 

 まとめ



「 似合う服は、
 ただ着るのではなく着こなす  」


自分らしく似合う服を叶えるためには
闇雲に”似合う”だけを
探し求めるのではなく

まず、似合わない原因をリセットして

” 自分がどうなりたいか “

純粋な気持ちで自分と向き合うことから。


思い込みをリセットし
揃える。。のではなく

イメージやテイスト
色や素材を
ミックスすることで
バランスをとって調和させる

「ミックス・バランス」


で、自分らしく着こなす。


50歳から、折返し人生ともなると
生活環境や健康管理も
大きく変化するとき。


これからは自分のために
ライフスタイルに合わせて
自分が好きな服を似合うように
着こなしてこそ

「 自分らしく似合う服 」 

になる。


そして、個性と生き方が
ぴったり重なった時

” 自分スタイル “

となっていくのです♡


KaoRiのスタイリングは
自分と向き合い
ライフスタイルに寄り添いながら
あなたの魅力を引き出し、ご自身で

” 自分スタイル “

を築いていく提案をさせて頂きます。



50歳から、折り返し人生
年を重ねることを恐れず
今まで積み重ねてきた経験を魅力に
自分らしく似合う服で
自信を持って輝き続けましょう!!